保育士という名の自己表現
ホーム > 現金化 > 取引停止処分にならないようにするために

取引停止処分にならないようにするために

クレジットカードの現金化という方法には、取引停止というリスクがあることは覚えておくべきでしょう。

さまざまな理由がありますが、クレジットカードの現金化は頻繁に行うものではありません。

状況によっては、調査されてしまい、取引停止処分を科す場合があるのです。

こうした状況にならないようにするためにも、いくつかの点に注意しておくことが必要となります。

 

まず、残高は利用限度額に近づけないようにしましょう。

少し余裕を持たせておくことが重要です。

頻繁に利用し続けていると、監視の対象となってくる可能性が高まります。

 

次に換金率の高い商品を頻繁に購入しているというのは、リスクを高める行動になるといえるでしょう。

新幹線の乗車券を購入するにあたって、自分の住所とは全く関係のないところの乗車券を購入するのはありえないことです。

こうした行動を繰り返していれば、怪しまれるのが当然なのです。

 

ギフト券の大量購入もそうでしょう。

行動が怪しい時には、いったいその利用は本人がしているのかどうか、クレジットカード会社はチェックするようにしているのです。

これは紛失時に被害を抑えたりするためには、必要な活動といえるでしょう。

つまり、クレジットカードの利用には、安全のために監視が付いていると考える必要があるでしょう。

 

必ず行わなければいけない作業ではありますが、クレジットカードの現金化をする場合にも、よく考えておかなければいけないのです。